日本膵・胆管合流異常研究会

会則・規則

日本膵・胆管合流異常研究会会則

平成27年9月11日改正版

(名称)
第1条  本会は、日本膵・胆管合流異常研究会(Japanese Study Group on Pancreaticobiliary Maljunction)と称する。

(目的)
第2条  本会は、膵・胆管合流異常及びこれに関連する病態の基礎的、臨床的、疫学的諸問題を研究する。

(事業)
第3条  本会は、毎年1回以上の研究集会を開催する。
2 その他、本会の目的を達成するために必要な事業を行う。
3 本会の事業年度は、毎年7月1日より翌年6月30日とする。

(会員)
第4条  本会は、施設会員、個人会員及び賛助会員によって構成される。
2 施設会員は、第2条に関する諸問題を研究する施設で世話人会の承認を得た者とし、代表者と事務連絡者各々1名を定め、正式の機関名及び住所を本会に登録する。
3 個人会員は、第2条の主旨に賛同する医師及び研究者で、世話人会の承認を得た者とし、所属及び住所を本会に登録する。
4 賛助会員は、第2条の主旨に賛同する団体で、世話人会の承認を得た者とし、団体名及び住所を本会に登録する。

(入会)
第5条  本会への入会は、前条に該当する者の申し込みにより、世話人会の議を経て会長が承認する。

(退会)
第6条  本会からの退会を希望する者は、その旨を届け出なければならない。その場合、既納の会費は返付しない。
2 連続して2年間会費を納入しない者は、退会とみなす。

(役員)
第7条  本会に次の役員を置く。
(1)会   長 1名
(2)世 話 人 若干名
(3)監   事 3名
(4)事務局幹事 3名(内、1名を代表幹事とする)

2 会長は、原則として当番会長経験者の中から世話人会で選任され、会務を統括する。会長の任期は、2年とし、再任を妨げないが、満70歳を超えて選任されない。
3 世話人は、所定の申請書を提出した施設代表者及びこれに準ずる者の中から世話人選考委員会で審査した後、世話人会で選任し、会長が委嘱する。世話人は、世話人会を構成し、会務に関する事項を議決する。世話人の任期は、選任された日から2年後の世話人会終了時までとし、再任を妨げないが、満65歳を超えて選任されない。
4 監事は、会員の中から世話人会の議を経て会長が委嘱する。監事は、世話人会、施設代表者会に出席し、会の運営、財務などを監査する。監事の任期は、4年とし、引き続いての再任及び満70歳を超えての選任は、認めない。また、監事が世話人の中から選任された場合は、世話人を離れるものとする。
5 事務局幹事は、研究会の庶務及び会計業務を行い、運営委員会、世話人会、施設代表者会に出席し報告する。

(運営委員会)
第8条  本会の円滑な運営のために運営委員会を置く。運営委員会は、世話人会に提出する議案を整理し、世話人会の審議が円滑に行われるようにする。
2 運営委員会は、会長、前当番会長、現当番会長、次期当番会長、各種委員会委員長及び事務局代表幹事により構成される。
3 会長は、運営委員会委員長となり運営委員会を招集し、その議長となる。

(各種委員会)
第9条  本会には、事業を遂行するために診断基準検討委員会、登録委員会、世話人選考委員会、学術委員会、広報委員会を、必要に応じてあり方委員会と診療ガイドライン作成委員会を置くことができる。
2 委員は、世話人会の議を経て会長が委嘱するが、満65歳を超えて選任されない。
3 委員の任期は、2年とし、再任を妨げない。
4 委員長は、委員の互選による。
5 委員長は、委員会を招集し、その議長となる。
6 委員長は、必用に応じて顧問を置く事ができる。

(研究集会)
第10条  研究集会における発表は、原則として会員に限る。
2 研究集会開催のため、当番会長、次期当番会長、次々期当番会長を置く。
3 当番会長は、当該年度の研究集会の業務を統括する。
4 当番会長は、研究集会の記録をA4サイズのプロシーディングスとして作成し、会員に配布する。
5 当番会長の任期は、1年とし、再任は認めない。
6 当番会長及び次期当番会長には、それぞれ次期当番会長及び次々期当番会長であった者が世話人会の承認を経て、研究集会が終了した日の翌日をもって就任する。
7 次々期当番会長は、自薦、他薦を含め会員の中から世話人会の議を経て会長が委嘱する。
8 次々期当番会長立候補は、研究集会開催前の7月末日までに事務局へ届け出る。

(世話人会、施設代表者会)
第11条  世話人会及び施設代表者会は、毎年1回以上開催するものとする。
2 当番会長は、世話人会及び施設代表者会を招集し、その議長となる。
3 世話人会は、委任状を含めた過半数の出席で成立する。
4 世話人会の決議は、出席した世話人の過半数をもって行う。
5 施設代表者会は、施設会員が所属する施設の代表者をもって構成し、世話人会の報告を受ける。

(会費)
第12条  会員は、別に定める会費を納入しなければならない。

(経費)
第13条  本会の経費は、会費及び第2条に賛同する者よりの賛助金をもってこれに当てる。

(名誉会長、名誉会員、特別会員)
第14条  本会に名誉会長、名誉会員、特別会員を置くことができる。
2 名誉会長は、本会の会長を務め満70歳を超えた者の中から世話人会が推挙する。
3 名誉会員は、当番会長、監事又は各種委員会委員長の経験者で、満65歳を超えた者の中から世話人会が推挙する。
4 特別会員は、本会に貢献のあった者の中から世話人会が推挙する。
5 名誉会長、名誉会員、特別会員は、世話人会、施設代表者会に出席することができるが、議決には加わらない。
6 名誉会長、名誉会員及び特別会員は、会費及び参会費を免除される。

(事務局)
第15条  本会の事務局は、徳島大学大学院消化器・移植外科学教室内(〒770-8503徳島市蔵本町3丁目18番地15号)に置く。
2 事務局の変更は、世話人の発議により、世話人会の審議を経て決定する。

(会則変更)
第16条  本会則の変更は、世話人会の議を経て決定する。

(補則)
第17条  本会則に定めるもののほか、本会の運営に必要な事項は、世話人会の決議によって別に定める。


附則
  • 年会費は、施設会員20,000円、世話人5,000円、個人会員3,000円、賛助会員50,000円とする。
  • 賛助会員は、毎号プロシーディングスに別枠で明記される。
  • 本会則は、平成5年9月10日をもって発効する。
    本会則、内規は、平成9年9月19日一部改正。
    本会則、内規は、平成11年9月24日一部改正。
    本会則、内規は、平成12年9月1日一部改正。
    本会則、内規は、平成13年9月7日一部改正。
    本会則、内規は、平成14年10月4日一部改正。
    本会則は、平成16年9月17日一部改正。
    本会則は、平成18年10月6日一部改正。
    本会則は、平成19年9月22日一部改正。
    本会則、内規は、平成21年8月28日一部改正。
    本会則、内規は、平成22年9月10日一部改正。
    本会則は、平成23年9月9日一部改正。
    本会則、内規は、平成24年9月7日一部改正。
    本会則は、平成26年9月12日一部改正。
    本会則、内規は、平成27年9月11日一部改正、施行。
    本会則は、平成29年9月8日一部改正。

事務局:徳島大学消化器・移植外科学 〒770-8503 徳島県徳島市蔵本町3-18-15
電話 088-633-7139  FAX 088-631-9698  E-mail jspbm@tokushima-u.ac.jp